Home > 院内報

院内報

2018年1月げんき便り 戌年のスタート

みなさま、明けましておめでとうございます。2018年は戌年です。
正確に言うと戊成(つちのえいぬ)となります。
戌は「まもる」「植物が育っていき、花が咲き、実をつけ、食べごろが過ぎた後、自分の実を落として、木体の木だけは守る」意味だそうです。収穫をした後の次のステップへ向けての単備段階といえそうです。
犬は社会性があり、忠実な動物です。人間との付き合いも古く、親しみ深い動物です。

戌の干支の特徴としては「勤勉で努力家」とあります。
申年、酉年そして今年は戌年と続くと「さる」「とり」「いぬ」の如く桃太郎の鬼退治に向けての仲間が勢ぞろいとなります。ましてや来年は亥年で、「いのしし」が目標へ向かって猪突猛進するための準備期間ともいえます。
げんきクリニックでも昨年はデイ・ナイトケアや精神科グループホーム「美蕾」を廃止しましたが、本体の木だけはしっかり守ろうという地点に立っております。

今まで26年間まじめで有能な職員連に恵まれてここまで来れましたが、これからも「さる」「とり」「いぬ」に勝るとも劣らぬ立派な職員連に恵まれながら北埼玉のー診療所として真面目に努力して行く所存です。
みなさま、本年もげんきクリニックをどうぞよろしくお願いいたします。
また天皇陛下の退位、新しい元号。東京オリンピック成功と大切な行事から目が離せませんね。これからもみなさま是非健康に気をつけてお過ごしくださいませ。

院長

げんき便り 12月号「世界を引っぱる日本」

平成29年もあと少しで終わりです。天皇陛下の退位の準備も着実に進んでいます。 今から50数年前、買いたてのテレビで「皇室アルバム」という番組を毎週日曜日に家族みんなで暖かい気持ちで見ていました。 また祝日に […]

げんき便り 11月号「行田の足袋」

本年10月よりいよいよ行田市が誇る足袋産業が孤軍奮闘するドラマ「陸王」が開始されました。 行田地産の足袋が、マラソンシューズとして生まれ変わり、日本のモノ造りのすぱらしさ、中小企業の底力を見せてくれる話で […]

げんき便り 10月号「インフルエンザワクチンの季節」

ここ数年インフルエンザ関連で不都合な事が毎年のように起こっております。今年も例に漏れずワクチンの生産・供給がかなり遅れそうで、数も十分に行き渡らないかもしれません。ここに政府・製薬企業に成り代わってお詫び申し […]

げんき便り 9月号「子育ての世代交代」

今年の夏のキーワードは、「冷夏」と「猛暑」、「ゲリラ豪雨」と「ダム貯水量不足」「日照時間不足」といったなんともアンバランスな気候を反映しています。 こんな気候では多くのこども達は夏休みを満喫できなかったのて […]

げんき便り 8月号「精神科デイケアの終了」

「広い海へ出てみよう」東京海洋大学助教授さかなくんよりのメッセージ 「中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、誰も口をきかなくなった時がありました。 いばっていた先輩が3年になったとたん、無視された事もありま […]

2017年7月号 げんき便り 「たかが水泳 されど水泳」

2017年7月号 げんき便り 「たかが水泳 されど水泳」 いよいよ7月に入ります。今年の梅雨は猛暑と豪雨の豪快な繰り返しのようですね。 もうあと少しで夏になり、子ども達にとっては楽しみな夏休みが始まります。しかし残念な事 […]

げんき便り 2017年6月号 父の日・母の日そして家族愛

わが国では、毎年5月と6月には「母の日」と「父の日」が設けられ、多くの家庭でカーネーションやネクタイなどをプレゼントし、ケーキを食べたりしているようです。 我が家もそれに漏れず、子ども達皆がお祝いをしてくれて、色々なプレ […]

げんき便り 2017年5月号 余裕ができました

日曜・祝日を設けて1ケ月が経ちました。しかも月曜の午後、木曜の午後に代診のドクターが見つかり、木曜日の丸1日もお休みを頂ける事になり、身体を休ませる時間が一挙に取れるようになり生活のリズムが一変しました。 げんきクリニッ […]

げんき便り2017年4月号 4月からのスタート

2カ月ほど前よりげんき便りでお知らせしてますように、4月から日曜・祝日、お盆休み、年末年始の診療を終了させていただきます。 皆さまにはご迷惑をおかけします事をお詫び申し上げます。 でも行田には2つの総合病院が交代で10時 […]

1 / 3012345...102030...最後 »

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top