Home > 院内報 > NO.14

NO.14

昨年秋から“おたふく風邪”の大流行に続き、今年の冬は“インフルエンザ”が大流行中です。A香港型とB型と2つのタイプが同時流行し、他にも嘔吐、下痢症状の“ウイルス性胃腸炎”の流行も加わり三つ巴の様相を呈しています。こんな時、インフルエンザをどう予防し、対処すればよいかといいますと、

・人混みを避ける
・マスクをする
・鼻をかんで鼻・のどをスッキリさせる。

そして栄養のバランスの良いもの特にビタミン類をしっかり食べる。部屋の加湿をよくする。睡眠をたっぷりとって疲れを翌日に持ち越さない等々です。

「バカは風邪をひかない」というひどい言葉もありますが確かに余りクヨクヨしないで、のんびりのんきに暮らすことが出来れば案外風邪をひかないと思います。

でも、このせわしない世の中では案外むつかしいかもしれません。さて、今年の冬は暖冬で春も早くおとずれ花粉も多いようです。“花粉症”の方も大いに注意が必要です。毎年、症状のひどい方は早めに予防薬の内服、スプレーを心がけましょう。

Home > 院内報 > NO.14

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top