Home > 院内報 > No.187 ハレ(晴れ)とケ(褻)

No.187 ハレ(晴れ)とケ(褻)

「ハレ」とは晴れ着、晴れ姿の「晴れ」から来たもので、日常から離れた特別の日や行事を行うことを示し、お正月や旅行、お祭り、結婚式等がその例です。
当クリニックで例えるならば、「春の友の会バス旅行」「秋まつり」そして毎年大勢の職員で参加する「外来小児科学会参加」にあたるかもしれません。
それらを通じて職員たちの普段とは少し違った一面を見ていただき、患者さん達の距離をもっと縮められ、仲良くそして何でも相談しやすくなれたらと願っています。
また学会では、当院の特徴や良さを再認識しつつ、他のクリニックの良い点や見習うべき点を積極的に取り入れ、職員が一丸となってよりレベルの高い良質な医療を提供していけたらと思っております。
「ケ」というのは、日常の一見退屈そうでしかも毎日繰り返し行われる労働生活の事ですが、それらを真面目にコツコツと実直に行っていく事ではじめて患者さん達から「安心」と「信頼」をいただけるものだと思います。
当院は月曜から土曜そして日曜日も(祝日、正月、お盆を除いて)、毎日コツコツと診療してきております。もちろんその為に、非常勤のドクターやパートの職員達に適宜入っていただいていますが、そのようにして私を含めて常勤の職員達が疲れ果てないようにと考えております。
但し、コンビニのように便利だからといって、スタッフが充実している平日をわざわざ避けて、スタッフが手薄な日曜日に誰もが集中されますと困ることもあります。余りに混み合いますと、週末になっても症状が改善しなかったり緊急を要する患者さんを、長時間待たせることにもなりかねません。よく考えて上手な受診をされますよう、よろしくお願い致します(時に、先に順番を優先させてもらう患者さんもいるかもしれません)。どうかご理解下さい。
将来的には、子ども達も加えて今より多数のドクターで、職員ももっと充実させて、祝日も含め一年中開いている状態にして、この地域の一次医療を担っていけたらいいのだが…とも考えております。
また蛇足かもしれませんが、私事ですが晩年には社会への恩返しのつもりで、自分の人生観、死生観を総動員して「緩和ケア」に取り組んでいけたらと思って、麻薬の勉強会にも参加し始めました。
まだ10年以上先のことで、よほどの天の味方がない限りホスピスなど実現できないかもしれないので、確かなお約束はできませんが、そのような決意で医療に取り組みますので、げんきクリニックのこれからを応援し発展させて下さい。
また、多くの皆さんが「友の会」への入会もしていただけたら嬉しいです。

Home > 院内報 > No.187 ハレ(晴れ)とケ(褻)

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top