Home > 院内報 > NO.19

NO.19

平成5年7月16日発行

もうすぐ夏休みに入ります。夏カゼがちらほらと見かけるようになりました。夏カゼは、種類によっては簡単に髄膜炎になりやすいものがあり、高熱の他、激しい頭痛と嘔吐を繰り返し、首の後ろが硬ければ、疑ってすぐに受診しましょう。

それからは、夏の期間中は、炎天、猛暑の下、体力を消耗するので、予防接種は一時中断して、涼しくなる秋からにしましょう。

アトピー性皮膚炎の体質の子は、爪の手入れをきちんとしないと、鼻水や虫刺されがきっかけとなり、汚い爪で体中をボリボリと掻きむしることにより「とびひ」(伝染性膿痂疹)にすぐかかってしまいます。スキンケアにも充分心がけましょう。

また、理学療法は、藤野氏を常勤に迎えて、6月より毎日行えるようになりましたが、まだ充分知られていないせいか、火曜、金曜に集中しています。他の曜日もご利用下さい。(原則として予約ですが、一人二人の飛び入りは可能です。)

なお、清水先生は午前中は訪問リハビリを行っています。寝たきりの人のため、こちらから伺っていますので、希望される方は是非ご利用下さい。そして午後は、障害児のために発達促進のリハビリを行っています。こちらも対象者のいる方は、ご利用下さい。

また、金曜日は李先生が特別に、1時間の指圧、マッサージ、ハリのコースを行えますので、希望される方は受付に申し出て下さい。(午前、午後とも3人までです。)

ここ数ヶ月、調剤薬局、理学の予約化、そして常勤化とそれに伴う変更がいろいろとあり、試行錯誤のため患者さんにはご迷惑をおかけしておりますが、どうかご理解ください。

Home > 院内報 > NO.19

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top