Home > 病気の話

病気の話

げんき便り 2018年3月 オリンピックを終えて

平昌冬季オリンピックがあっという聞に終わってしまいました。テロもなくまずは良かったかと思いますが、政治と経済は別とか、スポーツに政治を持ち込むのはやめようとか、今まで散々言われてきましたが、今回ほど露骨に政治が介入したオリンピックはめずらしいくらいでした。平昌オリンピックに平壌オリンピックが混じっていると揶揄されましたし、ドーピング問題も暗い影を落としました。

平和の祭典後に再び軍事演習や弾道ミサイル実験などが繰り返されたなら、この間の融和の出来事はなんだったのかという事になりかねません。

また会場の劣態な気象状況・環境の状態は選手達が日ごろの努力の成果を発揮するのには酷な状況でした。出来ることならベストの環境でやらせてあげたかったです。

ところで日本代表の選手達は様々なハンデを負いながらも、過去最多のメダル数を獲得しました。それぞれ伺々の選手達の健闘を称えたいと思います。
とりわけ足首の靭帯損傷後間もないのにも拘わらず金メダルを獲得した羽生結弦選手の活躍には感動を覚えましたし、500メートルのスピードスケートの小平奈緒選手の、勝って当たり前のように思われながら期待のプレッシャーに押しつぶされる事なく勝利しメンタルの強さにも感心しました。ジャンプの高梨沙羅選手も結果を残せて内心ほっとしました。パシュートという競技や、カーリングという競技の面白さ・魅力にも魅せられ、今後人気が更に上がるものと思われます。メダルこそ逃したものの、自己ベストながら4位に終わったフィギアスケートの宮原知子選手にも心から拍手を送りたいと思います。

ただ今後の採点の仕組みや採点者の公平性も問われる時代になりそうに思えてなりません。次の北京冬季オリンピックに向けて早くも準備に取りかかった選手も大勢いると思います。是非頑張ってください。様々な競技を通して、人間の持つ精神力・身体能力の極限の力には改めて驚かれました。

東京オリンピックも後2年足らずになりました。この次は日本の歴史、伝統、技術力、民度の高いおもてなしで立派なオリンピックを成功させてほしいと願っております。

院長

不眠症について

当院は心療内科も診ている関係で、不眠の相談の患者さんが意外に多く来院されます。 不眠といってもいろいろなパターンがありますが、一つ目はなかなか寝ようとしても寝付けない「入眠障害パターン」 二つ目は夜中に目が覚めてしまいそ […]

最新のワクチン情報

◆1.肺炎球菌ワクチンとHib(ヘモフィルス・インフルエンザB型菌)ワクチン どちらも乳幼児が感染すると細菌性髄膜炎になり、死亡するか重い後遺症を残す恐ろしい感染症です。冬に流行するインフルエンザ(ウイルス)とは違います […]

プール熱(咽頭結膜熱)について

夏風邪の代表的なものの一つに「プール熱」があります。正式には「咽頭結膜熱」といいますが、プールの水を介して伝染することがあるため俗称プール熱と呼ばれています。 実際にはプールに入らなくても咳、くしゃみ等から飛抹感染や直接 […]

Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチンについて

みなさん、インフルエンザ菌というものをご存知ですか? 毎年猛威をふるうインフルエンザウイルスと名前が似ていますが、全く別のもので、乳幼児によく起こる細菌性髄膜炎の原因菌です。 毎年わが国では約500~600人の患者がいる […]

百日咳について

百日咳とはグラム陰性桿菌という細菌である「百日咳菌」によって引き起こされる急性の気道感染です。 その名前のとおり百日近い長期間厳しい咳が続くのが特徴で、菌によって産生された百日咳毒素が上気道の上皮細胞を刺激するために起こ […]

腎尿管結石について

尿の通り道の腎孟・尿管に石がある状態です。 症状:腎結石のほとんどは痛みがなく、あっても鈍痛程度です。肉眼で確認できる血尿や顕微鏡で判明する血尿が見られます。 尿管結石は側腹部の激痛(疝痛)の他陰部、大腿内側へ放散する痛 […]

熱中症について

日本の夏は高温多湿ですから、熱中症にとてもなりやすいので注意が必要です。 炎天下でろくに水分補給もしないで激しい運動をしていて急に倒れたり、幼い子どもが車中に放置されて死亡することがよくあります。 軽い状態を熱痙攣といい […]

狂犬病について

狂犬病ウィルスにより起こる届出伝染病である。 犬・キツネ・オオカミ・コウモリなどの野生動物間に保持され、人間をはじめとする哺乳類すべてが感受性を持つ。 ウィルスを保有した獣に咬まれたりなめられたりすると、ウィルスは唾液を […]

血尿について

血尿は集団検診では試験紙法で潜血尿としてスクリーニングされる。 潜血陽性の場合、二次検査として医療機関に置いて尿沈査で赤血球の有無を確認する。 ただし女性の場合整理時期の出血でないか区別する必要がある。 肉眼的に見て分か […]

1 / 712345...最後 »

ホーム > 病気の話

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top