Home > 病気の話

病気の話

不眠症について

当院は心療内科も診ている関係で、不眠の相談の患者さんが意外に多く来院されます。

不眠といってもいろいろなパターンがありますが、一つ目はなかなか寝ようとしても寝付けない「入眠障害パターン」

二つ目は夜中に目が覚めてしまいその後なかなか「中途覚醒パターン」。
そして三つ目が朝早くから目が覚めてしまい眠れなくなる「早朝覚醒パターン」。

お年寄りには最後の早朝覚醒パターンが多いように思われます。

お年を召すと「赤ちゃんに戻る」と俗に言われますが、赤ちゃんはおむつに始まり、お年寄りもおむつに終わるのと同様に、昼間に目が覚めている時間と寝ている時間のメリハリがなくなり、お年寄りは年をとると一日のうちに何度も睡魔が訪れ、寝たり起きたりを繰り返すようになりがちです。

しかもあたりが明るくなると時刻に関係なく目が覚めてしまうようになります。

手助けに眠剤を使う事がありますがお年寄りの場合、なるべく夜中のトイレに起きても体がふらついたり筋肉の緊張が緩んだりして転んでしまわないような薬剤を使うようにしています。

中途覚醒したり早朝覚醒してしまう若い方達には作用時間の比較的長い薬剤を使います。ただ朝方に薬の作用が残り朝の自動車通勤で居眠り事故が起きないように飲み始めの時間には気をつけてもらっています。

なかなか眠りにつけない方は仕事が複雑であったり、忙しくてストレスがいっぱいの「働き盛りの人」が多いような気がします。

眠剤を飲むことに少し罪悪感を抱き、こんなに続けていいのだろうかと悩まれる方も多いように感じますが、そんな方達には「仕事がひと段落してのんびり過ごせるような年齢になれば自然に薬が必要なくなります。ストレスがよほどいっぱいなのですね。」と言って安心して飲んでいただきます。

ただし一つだけ守ってほしいことがあります。それは決して眠る為の目的でアルコールを毎晩飲まないこと。そして決して眠剤と一緒にアルコールを飲まないことです。

もし眠剤とアルコールを一緒に飲むと寝床に着く前に、30分もしないうちにバタンと意識を失ってしまいとても危険です。

よく犯罪にも使われて「昏睡強盗」などと言われたりします。

くれぐれも気をつけて、上手に不眠症と付き合っていきましょう。

最新のワクチン情報

◆1.肺炎球菌ワクチンとHib(ヘモフィルス・インフルエンザB型菌)ワクチン どちらも乳幼児が感染すると細菌性髄膜炎になり、死亡するか重い後遺症を残す恐ろしい感染症です。冬に流行するインフルエンザ(ウイルス)とは違います […]

プール熱(咽頭結膜熱)について

夏風邪の代表的なものの一つに「プール熱」があります。正式には「咽頭結膜熱」といいますが、プールの水を介して伝染することがあるため俗称プール熱と呼ばれています。 実際にはプールに入らなくても咳、くしゃみ等から飛抹感染や直接 […]

Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチンについて

みなさん、インフルエンザ菌というものをご存知ですか? 毎年猛威をふるうインフルエンザウイルスと名前が似ていますが、全く別のもので、乳幼児によく起こる細菌性髄膜炎の原因菌です。 毎年わが国では約500~600人の患者がいる […]

百日咳について

百日咳とはグラム陰性桿菌という細菌である「百日咳菌」によって引き起こされる急性の気道感染です。 その名前のとおり百日近い長期間厳しい咳が続くのが特徴で、菌によって産生された百日咳毒素が上気道の上皮細胞を刺激するために起こ […]

腎尿管結石について

尿の通り道の腎孟・尿管に石がある状態です。 症状:腎結石のほとんどは痛みがなく、あっても鈍痛程度です。肉眼で確認できる血尿や顕微鏡で判明する血尿が見られます。 尿管結石は側腹部の激痛(疝痛)の他陰部、大腿内側へ放散する痛 […]

熱中症について

日本の夏は高温多湿ですから、熱中症にとてもなりやすいので注意が必要です。 炎天下でろくに水分補給もしないで激しい運動をしていて急に倒れたり、幼い子どもが車中に放置されて死亡することがよくあります。 軽い状態を熱痙攣といい […]

狂犬病について

狂犬病ウィルスにより起こる届出伝染病である。 犬・キツネ・オオカミ・コウモリなどの野生動物間に保持され、人間をはじめとする哺乳類すべてが感受性を持つ。 ウィルスを保有した獣に咬まれたりなめられたりすると、ウィルスは唾液を […]

血尿について

血尿は集団検診では試験紙法で潜血尿としてスクリーニングされる。 潜血陽性の場合、二次検査として医療機関に置いて尿沈査で赤血球の有無を確認する。 ただし女性の場合整理時期の出血でないか区別する必要がある。 肉眼的に見て分か […]

高次脳機能障害とは

脳は血液の流れの速度、呼吸の調整、体温調節、寝たり起きたりのリズム、空腹を感じること、運動調節など様々な生命維持にかかわる機能の司令塔として重要な役割をもっています。これは人間の体を生かしている基本的な脳の機能といえます […]

1 / 712345...最後 »

ホーム > 病気の話

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top