Home > 病気の話 > 上手に薬をのませるには?

上手に薬をのませるには?

子供の2人に1人は薬を飲ませるのを嫌がるとか。
うまく薬を飲ませる「コツ」を知りたいと言うお母さんがいっぱいいることと思います。
私もいつも薬を飲ませるのに、子供にいろいろと工夫しています。
ここに「比較的簡単に飲ませられる」と言う方法を紹介します。
○シロップ
泡を立てないように薬瓶をそっと振ってから1回分をスポイトやスプーンなどで飲ませます。甘みの苦手な赤ちゃんもいるので、少しの水で薄めて飲ませても良いでしょう。
あまり水の量が多いと飲み切れないので気をつけましょう。
スポイトの場合勢い良く薬を口の中に噴射させると、反射的に薬を吐き出すことがあるので焦らずゆっくり飲ませましょう。
ミルクの人は乳首を使ってスポイトで飲ませてもいいでしょう。
混ぜたらすぐ飲ませる。
量をなるべく少なくする。
空腹の時に飲ませる。(ミルク、食事前)
○粉薬
新生児はシロップと同様に、水やぬるま湯で溶いてスポイトで飲ませる。
少量のプリン、ヨーグルトに混ぜる。(離乳食が進んでいれば可)。
ジュースで溶いて飲ませる。
1回分を少量の水で練って泥状にし、上顎や頬の奥に塗り付けて飲ませる。
○幼児の場合
薬の説明をしてみましょう。
「お咳が止まる薬よ」などと。
水またはぬるま湯、ジュースやヤクルトなど濃度の濃い物で飲ませる。
少量のプリンやヨーグルト、ジョアなどに混ぜる。
薬を溶かして氷(シャーベット)にする。
チョコレートに混ぜる。など。
一度是非試してみて下さい。

Home > 病気の話 > 上手に薬をのませるには?

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top