Home > 病気の話 > 日射病・熱射病

日射病・熱射病

夏の炎天下、オリンピック、高校野球とスポーツが盛んに行われていますね。
そこで気を付けなければならないのは、日射病・熱射病です。特にこれと言ってスポーツをしていなくても、帽子もかぶらず水分補給もしないでギラギラする太陽の下で、長時間過ごしていると、そのうち体がだるい、脱力感、口が渇く、頭痛、めまい、そして嘔吐、腹痛といった症状が起こり始めます。
もっとひどくなると、脈が速くなり、意識がもうろうとしてきて、やがてけいれんを起こし、命を落とすこともまれではありません。

死亡者は年間十数名にものぼるのです。
予防法は、帽子や日傘で日差しを防ぐこと(特に後頭部を)、風通しの良い日陰で時々休息をとり、スポーツドリンクなどの水分補給を怠らないです。

症状がひどそうならば、必ず病院を受診して点滴や酸素吸入、体を冷やす、抗けいれん剤の投与などを行ってもらいましょう。

日射病に気を付けて、楽しい夏をお過ごし下さい。

Home > 病気の話 > 日射病・熱射病

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top