Home > 病気の話 > 熱中症について

熱中症について

日本の夏は高温多湿ですから、熱中症にとてもなりやすいので注意が必要です。
炎天下でろくに水分補給もしないで激しい運動をしていて急に倒れたり、幼い子どもが車中に放置されて死亡することがよくあります。
軽い状態を熱痙攣といいます。
脈拍が早く・弱い状態になります。呼吸回数の増加、顔色が悪くなり、唇がしびれ、めまいなどが起こり、手足や腹筋などの痛みや筋肉の痙攣が起こることもあります。多量の発汗に対し、水のみを補給した場合に起こりやすいです。食塩水・イオン飲料の補給をすると良いでしょう。
中等度の状態を熱疲労といいます。
めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感、失神、吐き気、嘔吐が起こり、顔面が蒼白となって冷や汗が出ます。血圧の低下、頻脈などのショック症状もみられます。脱水と塩分などの電解質が失われて、抹消の循環が悪くなり、極度の脱力状態になります。このまま放置すればたちまち重症化してしまいます。
重度の状態を熱射病といいます。
著名な体温上昇が起こり、41度にもなります。発汗は停止してしまい、皮膚は乾いて紅潮します。意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック状態などが起こり、全身の多臓器障害、脳腫脹、DICという全身の出血が止まらなくなる凝固異常になり、死亡する危険が高くなります。急いで救急車を呼び病院で一刻も早い治療が必要です。
なお、太陽による直射による場合を日射病と呼びます。
応急処置のポイントは、できるだけ早く休ませ、涼しいところへ運び、水分補給(塩分を含むスポーツ飲料など)を同時に行うことです。
その上で医療機関にすみやかに搬送して下さい。
熱中症に気をつけて楽しい夏休みをお過ごし下さい。

Home > 病気の話 > 熱中症について

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top