Home > 病気の話 > 熱中症

熱中症

気温や湿度の高いところで、激しい運動や仕事をしたり、長時間日光を浴びると「めまい」や「吐き気」、「頭痛」さらには「意識障害」といった症状が現れることがあります。
こうした高温多湿の環境下で起こる様々な体の障害を総称して『熱中症』といいます。
一般的に「日射病」(直射日光の下に長くいたために発生)や「熱射病」(高温多湿の環境下で発生)とも言われます。

■いろいろな熱中症■
1)熱けいれん:汗を大量にかいて、水分のみを補給して塩分を補給しないと、腕や足の筋肉がけいれんを起こしたり、吐き気・めまい・頭痛が起こる。
2)熱疲労:体温の上昇により血管が拡張したり、汗を大量にかいて血液の量が減ることにより、血圧が下がり血液循環がうまくいかなくなり、頻脈・めまい・頭痛・吐き気・意識障害・体温の上昇が起こる。
3)狭義の熱中症:体温の上昇が激しいため熱の放散が追いつかず、体温調節機能が働かなくなり、心臓や脳など体の中心部に熱がこもり・発汗停止・意識障害・体温上昇・心不全・肺水腫・腎不全・多臓器障害などが起こる。

□応急手当□
1)体温を下げる:氷のうを首や腋の下、足の付け根に当てる。
2)水分を補給する:スポーツドリンクや塩分を含んだ飲み物を与える。
3)衣類をゆるめる:衣服のボタンやベルトをゆるめ、重症なら脱がせる。
4)涼しい所に運ぶ:風通しの良い所、クーラーが利いた車の中などに移動させる。
5)意識障害があるほどなら、すぐさま救急車を呼んで医療機関へ運ぶ。

みなさん、これを参考にして、無理せず快適な夏を過ごして下さいね。
決して子供達を暑い日に、車の中に置き去りにしないでください。

Home > 病気の話 > 熱中症

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top