Home > 病気の話 > 突発性発疹

突発性発疹

赤ちゃんが次第に大きく育ってくると、当然お母さんと一緒に公園やデパートにお出かけする機会が増えてきます。
しかもお母さんのお腹の中にいるとき胎盤を通してもらった様々な免疫抗体が次第になくなり自分で作るようになります。
ちょうどその谷間の、免疫が一番落ちる頃(6月~1才頃)、外出の機会も増えて様々な病原体に出会い、生まれて初めて風邪をひき、高熱を出しやすくなります。
その中でも特に突然性発疹はその頃かかりやすいものです。
症状としては、咳や鼻水は余り目立たず、高熱の割に元気そうで、便はすこしずつゆるくなり本格的な下痢になる子が多いようです。またのどには永山斑といわれる赤いポツポツができます。
3~4日程39~40度の高熱が続き、熱が下がるとほぼ同時に全身に赤くてべたべた癒合した発疹ができます。そうなってはじめて確定的な診断が下せます。
下痢や発疹は1~3日程で落ちつくはずで、一度かかれば二度とかかりません。また不顕性感染と言って症状が出なくて、免疫抗体だけできるという子も案外多いようです。
発熱時頭のてっぺんの頭骸骨のすきまが張って盛り上がり、髄膜炎かと心配したり、熱性けいれんを初めて起こしてあわてたりすることの多い病気ですが重症化することはまずありませんのでご安心下さい。

Home > 病気の話 > 突発性発疹

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top