Home > 病気の話

病気の話

風疹について

暖かくなってくると、毎年体に赤い発疹ができるウイルスによる風邪が目につき始めます。その代表的なものが風疹です。 風疹は「3日はしか」ともいわれるようにすぐに治ります。 目が赤く充血し、耳の後ろや首のリンパ腺がコリコリと指 […]

伝染性紅斑(りんごほっぺ病)について

春になって暖かな陽気になると伝染性紅斑(りんごほっぺ病)が流行しだします。この病気はヒトパルボウイルスB19の感染症で、顔や手足に独特の発疹ができるので診断がつきます。頬がりんごのように赤くなり、手足は網目状(レース状) […]

川崎病について

厚生省の調査によると川崎病の患者が、1994年は6,000名もいたそうです。「川崎病」といっても川崎市の公害病ではありません。高熱が何日も続き、目が赤く充血し、口唇やのども真っ赤になり、首のリンパ腺が大きく腫れ上がり、手 […]

水痘(みずぼうそう)について

ヘルペスウイルスの1つである水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって引き起こされる伝染性の疾患です。 とても伝染力が強くて、潜伏期間はほぼ2週間。軽度の発熱や全身倦怠を伴って発病する。発疹は初めお腹や背中にポツンと1つ2つの […]

乳幼児突然死症候群について

可愛いさかりの赤ちゃんがある日突然死亡する、としたらこんな恐ろしくも悲しいことはありませんね。 「それまでの健康状態および既往歴から全く予想できず、しかも剖検によってもその原因が不詳である乳幼児に、突然の死をもたらした症 […]

単純ヘルペス性歯肉口内炎

ずいぶん長ったらしくって舌をかみそうな病名でしょう。これはよく口唇に水泡が出来やすい人がいますよね。おそらくそんなケースの大部分がこの単純ヘルペスウィルスのいたずらなんだと思います。 単純ヘルペスウィルスに生まれて初めて […]

副鼻腔気管支症候群

私が医者になりたての頃は、気管支喘息の治療に一生懸命で、鼻水なんてたいして気にもとめていませんでした。 しかし、いつしか中耳炎やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄のう症)もみるようになり、鼻の治療がしつこい咳や難治療の喘息に […]

インフルエンザについて

◇インフルエンザの大流行 今年もインフルエンザが流行する季節がやってきました。 1918年にはスペイン風邪というインフルエンザが世界中で猛威をふるい、2000万人以上の人々が泣くなり、日本でも40万人近くの人々が死亡しま […]

紫斑病について

出血傾向を起こす病気には、血友病とかいろいろと恐い病気がありますが、小児に比較的よくみられる病気としては紫斑病があります。そのなかでもアレルギー性紫斑病と血小板減少性紫斑病はその代表的なものです。 (A) アレルギー性紫 […]

てんかんと水泳

夏が近づくとよくてんかん児の水泳の許可について親や先生からどうしたらよいかと聞かれることがあります。 その理由としては、学校の体育教育の一環として行われる場合、もし事故でも起これば学校側の管理責任問題となる可能性があるか […]

ホーム > 病気の話

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top