Home > 院内報

院内報

げんき便り 10月号

早いもので今年もすでに10月となりました。

新型コロナ禍の下、そろそろインフルエンザの流行にも注意を向けなければならない季節となります。

10月よりインフルエンザのワクチンによる予防接種を開始します。
今年度は特にワクチン接種を早めに打たれる事をお勧めします。
今迄1度も接種を受けたことのない方にも是非とも打たれることをお勧めします。

私もここ30年以上に亘り毎年2回接種しています。家族全員にも打つようにしています。
そのおかげかどうか分かりませんが、私も含めて皆インフルエンザに罹っておりません。
私は長年にわたり外来で毎年数多くのインフルエンザの患者さんと直接対面していますが、ひょっとして知らぬ間に様々なタイプのインフルエンザに対する免疫・抗体を身に着けているのかもしれません。

よく外来で、「先生はうつされませんか?」と言われます。自分でも不思議に思います。
私がウイルスを持ち込まないせいなのか、家族も不思議と発症したことがありません。
このことから、自分もきちんとワクチンによる対策をし、家族全員もやれる対策をすれば結構効果があるものだと感じています。

ワクチンの内容は毎年アメリカやヨーロッパ、さらに気候が真逆な南半球のオーストラリアなどの流行したウイルス株を参考にしてA型株、B型株を選んでいるそうです。
見事的中する年もあれば外れる事もありますが、多少似通ったタイプを少しずつ変えているので全く意味がないとは言えません。

インフルエンザ感染は新型コロナウイルスと違い長年経験のある感染症ですし、やれる対策はきちんとやってみてください。
ワクチンを打つだけでなく、外出時はマスクを着用し、人と対面するときは大声を出してツバキを飛ばさないように気を付ける、密集、密閉、密接の3密を避けるなどの対策をしっかりと取りましょう。

海外の例でも新型コロナウイルス対策をするとインフルエンザ感染者数もかなり少なくて済んでいるようです。

ウイルスの違いはあれ、感染症一般の予防対策は同じだという事です。
私もそうですが、皆様くれぐれもご自分や家族の健康に気を付けてお過ごしください。

                       院長

げんき便り9月号

皆様現在は、どのようにお過ごしでしょうか。 新型コロナウィルスは今までに経験した事のないかなりしつこい感染症のようですね。感染拡大の予防対策と経済活動の促進というアクセルとブレーキを両方踏みながらの危ない難しい経済生活が […]

げんき便り8月号

あっという間に早いもので8月を迎えてしまいました。私の中では4月末から時間が止まったような日々です。 新型コロナ禍の第2波を迎える中、感染に警戒しながらの緊張を強いられる生活はまだまだ続きそうですね。 そんな中「ウィズコ […]

げんき便り 321号 令和2年7月1日

皆様この度は大変ご心配とご迷惑をおかけしております。 現在、私は一度は退院ができましたが、肺炎が再燃し急性増悪のため再入院してしまいました。しばらくは4人の代診してくださるドクターのご尽力を頂いて、何とか外来診療を継続し […]

げんき便り 320号 令和2年6月

皆様このたびはコロナ感染騒ぎの中、私が糖尿病並びに間質性肺炎(コロナ陰性でしたが)になってしまい、しばらく休診となり大変ご心配とご迷惑をおかけしました。 4人もの代診のドクター達のご協力のおかげで、5月11日から診療を再 […]

げんき便り 319号 令和2年5月

また今月もコロナの話になります。緊急事態宣言のもと、国は不要不急の外出自粛を求めています。しかし余程の強制力を持った罰則を科さない限り一部の国民は政府の要請を守らないようです。80%以上の人が外出自粛をしない限り感染拡大 […]

2020年4月号 武漢コロナPart3 外出自粛と志村けんさんの死

新型コロナウイルス感染症が今や世界中に広まり、たいへんなことになっています。強いて言わせてもらえば「武漢ウイルス感染症」といってもいいかもしれません。中国では8万人以上の感染者と3千人以上の死者が出たと聞きます。今は収束 […]

2020年3月号 武漢コロナPart2市中感染化と東京オリンピック延期

新型コロナウイルスの感染が連日新聞・テレビを賑わせています。特に中国の武漢や湖南省では大変なことになっているようです。8万人もの患者さんが発症し、3000人近くの方たちが肺炎等で死亡しております。 日本では横浜港に係留さ […]

2020年2月号 武漢コロナPart1恐いウイルス恐い国

今世間では新型コロナウイルスの感染で大騒ぎです。かつて世界ではコレラ、ペストなどの大流行で大勢の人たちが命を落とし、最近ではエイズ、サーズ、マーズと次々と新しい形の感染症が現れては収束してきました。 新型コロナウイルス感 […]

令和2年1月 げんき便り 315号

令和2年の新年あけましておめでとうございます。皆様はさぞかしおいしいおせち料理を頂いた事と思います。 ただお餅だけは気を付けて食べてください。お餅をのどに詰まらせて命を失いかける人が毎年多数に上っています。 特に年を取る […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top