Home > 院内報

院内報

令和元年8月 げんき便り 310号

日本列島の各地で梅雨前線や台風の影響で大雨が続き、不順な天候で太陽もさつばり顔を見せず沈んだ気分でしたが、ようやく約1か月遅れで梅雨明けが宣言されました。
子どもたちもプールや海に入れず夏休みも随分損をした気分だったでしょうね。
野菜も果物も不作でお米の出来栄えも心配していました。

でも今では逆に35度越えの猛暑が続き熱中症の心配が大きく懸念されています。
皆様くれぐれもご自身ご家族の体調管理、水分補給にご注意ください。

先日テレビ番組で経口補液剤がなぜ日本で世界に先駆けて作られたのかを放送していまし た。
それによると、ある製薬会社のMRさんがいつものようにDrを訪ねると、そのDrがあまりの暑さで点滴のボトルバッグを冷やしてゴクゴクト飲み始めたそうです。

確かに真水や氷水を飲むよりずつと体にスムースに浸み込んで各種電解質も吸収されると合点が行き、経口補液剤を開発したとのことでした。

夏場は人間は呼吸・発汗だけで1.8リットルの水分が失われ、180ccの水分を10回は補給しなければいけないと言っていました。
更には一晩寝ているだけで700cc以上の水分が失われるので寝る前の水分補給はより一層重要だそうです。

私も経口補液剤を見直してみることにしました。

院長

令和元年7月 げんき便り 309号

令和時代最初の台風3号があっという間に日本列島をかすめて梅雨前線を刺激しています。そんな天候を心配しながら6月末に「熱海の海上花火」を見に家族みんなで5年ぶりに行ってきました。本当に久しぶりだったので見慣れぬ風景を車窓か […]

令和元年6月 げんき便り208号

五月の異常な猛暑・高温もようやく一段落が着き、これからは6月を迎えいよいよ梅雨の季節へと向かっていきます。 田んぼに水が敷き詰められ青々とした苗が植えられてきて、何故かしら涼しそうに感じられます。 田んぼに水が入ると様々 […]

令和元年5月号げんき便り「天皇家の継続・皇位継承問題」

瞬く間に平成から令和の時代になりました。 平成天皇、皇后様がお元気なままお代替わりをされて令和天皇、皇后様に無事引き継がれる事になりおめでとうございます。 諸々の祝祭日を含め、 初めて体験したl 0連休を皆様はどのように […]

平成31年4月号げんき便り「新しい時代 令和」

平成年度最後のげんき便りを皆様にお届けします。思えば3 0年ほど前に北本市の小さな団地内の診療所で小児科以外に内科や整形外科の研修を始めた頃、小渕官屎畏官が「平成」 という色紙をテレピに向かって見せていた場面が目に浮かび […]

2019年3月号げんき便り「桜前線と花前線」

早いもので今年もついに3月に入ってしまいました。 猛暑だった昨年の夏も結構厳しいものでしたが、 今年の冬も寒さが身に染みて厳しく感じられました。 また「三寒四温」とはよく言ったもので、最近では一週間で寒かったり暖かかった […]

げんき便り2月号「冬の風邪真っ最中」

1月の「い」は行くの「い」2月の「に」は逃げるの「に」とよく言われますが、今年もあっという間に1月が行ってしまい、 2月になるとすぐに逃げて行ってしまいそうです。おまけにシベリア寒気団の襲来と、雨が降らずにカラカラに乾燥 […]

げんきだより1月号「今年こそよい年に」

皆様明けましておめでとうございます。 今年は平成最後のお正月になります。 昭和、平成に次いで新しい元号が何という名前になるのかとても楽しみですね。 今年こそ、皆様にとって本当に嬉しい事・良い事が多い年になりますように願っ […]

げんき便り 302号

今が丁度外来では子どもさん達のインフルエンザの予防注射の2 回目接種のピークのようです。他の風邪をうつされないように隔離に気を付けながら予約なしでやっております。早い年なら1 0 月上旬にインフルエンザの第1号患者さんが […]

げんき便り 301号 平成30年11月1日

もうすぐ11 月(霜月)になります。かなり涼しくなりましたね。それにしても今年の夏は大変の猛暑でした。私も初めて室内にいながら冷房の温度設定の失敗で熱中症になってしまいました。3 週間ほど体調が戻りませんでした。 その間 […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top