Home > 院内報

院内報

2020年4月号 武漢コロナPart3 外出自粛と志村けんさんの死

新型コロナウイルス感染症が今や世界中に広まり、たいへんなことになっています。強いて言わせてもらえば「武漢ウイルス感染症」といってもいいかもしれません。中国では8万人以上の感染者と3千人以上の死者が出たと聞きます。今は収束したと言っていますが、この国の発表する統計は単純に信じられない気も致します。

現時点で最も大変なのは主にイタリアを中心にスペイン、ドイツ、フランス、イギリスなどのヨーロッパ諸国で、イタリアでは9万2千人の感染者、死者は1万人に上ります。スペインでは7万9千人の感染者(死者6千5百人)ドイツでは5万2千人の感染者(死者400人)フランスは感染3万8千人(死者2千3百人)にもなります。

中回と関連付けて考えるとヨーロッパは旧シルクロードの始発点であり、現代中固の世界制覇戦略である「一帯一路政策」のヨーロッパの終着地になります。(それだけ中国からの莫大なお金や中国人が大勢ヨーロッパに注ぎこまれていたという事です。)

もう一つ大変な事になっている国はアメリカ合衆国です。感染者数12万3千人(死者2千百人)にもなり緊急事態令や外出禁止令都市閉鎖をして厳しく対処しています。

とりわけニューヨークと東京は面積、人口密度、商業の発展の程度、飛行場が2つあることなどの共通点がたくさんあります。でも今の東京はニューヨーク程の危機感がありません。日本では東京オリンピックを1年間延期しましたが、「不要不急の事態以外はなるべく外出の自粛を要請したい」と罰則なしのお願い程度にとどまっています。東京の日々の感染者数は40名、50名、60名台と微増はしていますが都も国も緊急事態宣言も都市封鎖もせずに様子見を決め込んでいる状況です。密封した空間や密集した空間でお互いに近づかない、換気に気を付ける、マスクや手洗いの励行、咳エチケットを守るなど国民一人一人が自分の努力で自分の身を守るしかないようです。

欧米のメデイアからは、学校が休校になったのをよいことに原宿や渋谷、新宿などで遊び歩いている青少年たちに批判が殺到していました。

街頭インタビューでは「若者は感染しても軽く済むし、重症化して亡くなるのは高齢者が多いし、自分たちにはあまり関係ない」などと言う反応が主でした。しかしお笑いタレントとして国民的に大人気の志村けんさんが手厚い人工心肺の治療の甲斐もなく、あっという間に肺炎で亡くなるという事実に直面して、とても他人事とは思えなくなりました。

自分の感染に気を付けることは、周りのみんなを守るためにつながるという事にようやくに気づかされました。

志村けんさんの死を無駄にしないためにも、この大変な「国難」「大不況」をみんなの力で乗り越えましょう。

院長

2020年3月号 武漢コロナPart2市中感染化と東京オリンピック延期

新型コロナウイルスの感染が連日新聞・テレビを賑わせています。特に中国の武漢や湖南省では大変なことになっているようです。8万人もの患者さんが発症し、3000人近くの方たちが肺炎等で死亡しております。 日本では横浜港に係留さ […]

2020年2月号 武漢コロナPart1恐いウイルス恐い国

今世間では新型コロナウイルスの感染で大騒ぎです。かつて世界ではコレラ、ペストなどの大流行で大勢の人たちが命を落とし、最近ではエイズ、サーズ、マーズと次々と新しい形の感染症が現れては収束してきました。 新型コロナウイルス感 […]

令和2年1月 げんき便り 315号

令和2年の新年あけましておめでとうございます。皆様はさぞかしおいしいおせち料理を頂いた事と思います。 ただお餅だけは気を付けて食べてください。お餅をのどに詰まらせて命を失いかける人が毎年多数に上っています。 特に年を取る […]

令和元年12月 げんき便り 314号

今年の後半は地球温暖化のせいか台風も大型化し、集中豪雨も日本のあちこちに見られ「線状降水帯」などという聞きなれない言葉も耳にするようになりました。日本はつくづく災害列島なのだなと感じました。地震もあり、火山の噴火もあり。 […]

令和元年11月 げんき便り 313号

新しい天皇をお迎えし、「令和」の元号の年になり早いものであと2か月ほどで令和2年目に入ろうとしています。大変過重なスケジュールの催事・予定の中、とりわけ皇后雅子様は随分と頑張られておられ、大変うれしく思います。精神的にも […]

令和元年10月 げんき便り 312号

今マスコミを賑わせている話題の1つは虐待。夫婦間でのDV(暴力)や親子間、特に連れ子に対する義父による虐待です。 30-40年前には社会全体が貧困で生活に余裕がないせいと言われていましたが、今は経済的というよりむしろ、社 […]

令和元年9月 げんき便り 311号

ようやく猛暑から解放され、例年並みの暑さに戻った感じがします。 皆さま熱中症は大丈夫だったでしょうか。 2学期が始まると子ども達の学校もはじまり何かと慌ただしい生活となります。 温度差も激しい日が続くと思われるので、引き […]

令和元年8月 げんき便り 310号

日本列島の各地で梅雨前線や台風の影響で大雨が続き、不順な天候で太陽もさつばり顔を見せず沈んだ気分でしたが、ようやく約1か月遅れで梅雨明けが宣言されました。 子どもたちもプールや海に入れず夏休みも随分損をした気分だったでし […]

令和元年7月 げんき便り 309号

令和時代最初の台風3号があっという間に日本列島をかすめて梅雨前線を刺激しています。そんな天候を心配しながら6月末に「熱海の海上花火」を見に家族みんなで5年ぶりに行ってきました。本当に久しぶりだったので見慣れぬ風景を車窓か […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top