Home > 院内報 > げんき便り10月号

げんき便り10月号

早いもので今年も10月を迎えてしまいました。日が昇るのが次第に遅くなり、夕日が沈むのが早くなってきました。暑かった夏が過ぎて少し過ごしやすくなったこの時節柄、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が解除になり、少しずつ以前の生活に戻りつつあります。しかしまだコロナ禍にあるので、引き続き感染に注意しながら過ごしたいものです。

私は歳のせいか次第に朝早く目が覚めるようになりました。現在、屋内のケージで飼っている猫をリビングに出して遊ばしています。遊んであげるのではなく、遊んで貰っているような気もしますが…。

猫は何事にも縛られず自由気ままですから自分からはあまりすり寄って来ません。発情期ではよく声を出すので、お互いにあたかも心が通じ合ったように大声で「にゃーにゃ―」と会話をしています。傍から見るとなんだか滑稽ですよね。でも猫を飼っている方なら分かると思います。

かつては犬を飼っていたので早朝に散歩をしていて、良い運動になっていました。
今では運動不足解消のために室内をなるべく歩き回るように心がけています。
若い頃は紅葉を見に日光や中禅寺湖までドライブをしたことがあります。遠くはフェリーに乗って北海道まで行った事もありました。

 昔のように周りを気にせず出かけることが出来る世の中になるといいですね。
                   院長

Home > 院内報 > げんき便り10月号

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top