Home > 院内報

院内報

No.226 「インフルエンザ」の次は「花粉症」だ!

インフルエンザも11月ころからパラパラと見受けられ、これからの2月から3月が本格的流行時期に入ります。人ごみを避け、手洗いうがいを励行しましょう。 今年は例年より少し遅めにスギ花粉が飛び始めるとの情報がありますが、飛散量 […]

No.225 年中無休のスタート

2012年も早いもので1ヶ月が経ちました。あけましておめでとうございます。 今年こそは皆様方にも日本にとっても良い年になりますよう願っております。 昨年末から年始にかけて開業以来初めて、午前中だけですが「無休」で診療しま […]

No.224 大変だった2011年

今年も残すところあと1ヶ月を切りました。東北の大地震、津波、それに加えて原子力発電所の事故と日本にとっては大変な1年となりました。 当院では被害と言っても、カルテの棚が将棋倒しになったのと、病児保育所の建物に雨漏りが起こ […]

No.223 埼玉県の発達障害支援

最近県の方からある講演の依頼を受けました。今問題になっている発達障害の子どもに関することです。 今日本では、全国的な取組みとして小学校・中学校において特別支援学級を置いて、多動で落ち着きのない子どもや集中力のない子、算数 […]

No.222 深まる秋、インフルエンザ予防接種

10月になり、とても快適な季節になったので愛犬との早朝の散歩を再び始めました。一時間近く歩くと、なまった体が悲鳴をあげ、数日間足の筋肉痛が起こりびっくりです。 それでも我慢して続けていると、次第に馴染んできました。有酸素 […]

No.221 日本の行く末を案じて

東日本大震災から6カ月になろうとしていますが、政府は何をしているのでしょうか。福島原発の事故も一向に収束を見せず、放射能汚染が想像以上にひどいものである事が次第に明らかになってきました。チェルノブイリ事故並みのようで関東 […]

No.220 ツバメの幸せ効果

今年は久しぶりにツバメの夫婦が我が家の巣に住み着いてヒナ達を産んでくれました。 5年前に初めて玄関の壁にツバメの夫妻が泥や藁をせっせと運び、わずか数日で立派な巣を作り上げました。それから2週間ほどして5羽の小さくて口ばし […]

No.219 節電対策

早いもので7月になります。 いま梅雨(つゆ)の真っ盛りで、九州地域の大雨が大変なことになっていますが、北埼玉では「どんよりした天気」程度で推移して、まずは一安心といったところです。 むしろ原発事故の放射能汚染がいまだに止 […]

No.218 水無月(みなづき)について

6月は昔の暦では水無月(みなづき)と言います。 梅雨どきなのに水が無い月とは変だなと思っていたら、違うんですね。 農家の方が田植えをはじめとする忙しい農作業を終えて、「みなやり尽くした」-「みな尽くし」ということで「みな […]

No.217 被災復興と子どもの日

平成23年5月 早いものでもう5月になります。 大地震・大津波そして原子力発電所事故から2ヶ月になろうとしていますが、被災された子どもたちは今どこでどんな気持ちで学校生活をしているのでしょうか?何よりも親たちがしっかりと […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top