Home > 院内報

院内報

NO.141 お人よし日本

平成16年6月1日発行 早いもので今年も5ヶ月が経ってしまいました。 もうすぐ梅雨に入り、紫陽花の花が雨露に濡れて美しく咲き誇る季節となります。 これからは食中毒にも最新の注意が必要ですし、喘息の発作も起きやすくなるので […]

NO.140 共感できる心のプレゼント

平成16年5月1日発行 最近身近で悲しい出来事がたて続けに起こり、気持ちの踏ん張りがきかなくなり、何かにつけて涙もろくなってしまいました。 こういうのを医学用語では「情動失禁」というのでしょうが、そういう言葉で自分の状態 […]

No.144 児童虐待について

1999年に制定された児童虐待防止法によると児童虐待は以下の4つ分類される。 (1)児童の身体に外傷が生じ、又は生じる恐れのある暴行を加えること (2)児童にわいせつな行為をすること又は児童を通してわいせつな行為をさせる […]

NO.139 子どもとメディア

平成16年4月1日発行 今年2月に日本小児科医会から「子どもとメディア」に関する提言が出されました。内容は「2歳までのテレビ・ビデオの視聴を控える。授乳中・食事中のテレビ・ビデオの視聴はやめる。全てのメディアに接する総時 […]

NO.138 佳人薄命

平成16年3月1日発行 つい最近まで当院で土曜、日曜診療に月2回応援に入って頂いていた菱俊雄先生が先月亡くなられました。 突然の容態の悪化で、いまだに信じられず、かつ残念でなりません。 若い頃劇症型の肝炎になり意識不明の […]

NO.137「無常」と「ホームドクター」

平成16年2月1日発行 今回は「無常」についてお話しします。「レ・ミゼラブル(ああ無情)」という文学作品の「無情」ではなく、「無常」というのは「常で無い」即ち「この世の中の物質・生命体すべては常に生まれては滅んでいきつつ […]

NO.136

平成15年12月1日発行 冬になるとインフルエンザの予防接種と風邪の患者さんが増えて、外来がとても混雑してご迷惑をおかけしております。 自然の成り行きで、診察時間も最小とし、なおかつ重大な見落としがないようにと、とても神 […]

NO.135

平成15年11月1日発行 先日、久しぶりに本屋さんに足を運んだところ、最近よく売れている本のコーナーで、「不良少年の夢」という本が目に入りました。 その実話をもとに10月10日から毎週金曜夜に「ヤンキー母校に帰る」という […]

NO.134

平成15年10月1日発行 冷夏のあとは残暑でフーフーいっていましたが、いつの間にか急に涼しくなり秋真っ盛りとなってきました。 みなさんはこの気候の激しい変化について行けず体調を壊したりしませんでしたか? ところで今年も外 […]

No.133

平成15年9月1日発行 今年の夏は本当に涼しかったですね。 子供さん達の夏休みの宿題は無事終わりましたか? ところで子供たちから「なんで勉強をしなければいけないの?」と聞かれたことがありませんか?そんな時どう答えますか? […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top