Home > 院内報

院内報

NO.21

平成5年10月5日発行 最近、ごく親しい友人の医師が脳腫瘍で倒れた。手術は成功してほぼきれいに除去されたと思われたが、半年足らずで再発してしまった。 以前にも増して大きな癌組織が脳の同じ部位に出現したため、もうこれ以上頭 […]

NO.20

平成5年8月19日発行 あいつぐ地震、長い梅雨と台風の被害、そして冷夏と異常続きの自然現象が続いています。 なんだか、天が怒って、我々に何か警鐘を鳴らしているかのようです。 外来でみる子供達も、今年は心なしか日焼けが少な […]

NO.19

平成5年7月16日発行 もうすぐ夏休みに入ります。夏カゼがちらほらと見かけるようになりました。夏カゼは、種類によっては簡単に髄膜炎になりやすいものがあり、高熱の他、激しい頭痛と嘔吐を繰り返し、首の後ろが硬ければ、疑ってす […]

NO.18

いよいよ梅雨の季節となりますが、それに伴い「気管支喘息」の起こりやすい季節ともなりました。 喘息発作を起こさないポイントは、「風邪をひかないこと」の一語につきます。(なぁんだ、そーか) もし、風邪をきっかけに発作を起こし […]

NO.17

5月の連休もあっという間に過ぎ、はや新緑の季節となりました。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 田んぼに水が入り、田植の季節になると、毎年「ストロフルス」という手足の虫刺され症が急に増えてきます。もう少ししたら […]

NO.16

いよいよ春が来ました 4月に入り、希望をふくらませて新しい職場に、又新入学した人も多いことと思います。 春は、ウキウキする半面、木の芽どきでもあり何故か情緒不安定になる人が多いものです。たいていは不安神経症(ノイローゼ) […]

NO.15

今年は暖冬で、桜の開花が1〜2週間早く3月中に咲くそうです。 「スギ花粉症」の人にとっては今が一番つらい時かもしれませんが、あと1ヶ月程の我慢ですね。 それから最近一時流行がおさまっていた「おたふく風邪」が再び流行しはじ […]

NO.14

昨年秋から“おたふく風邪”の大流行に続き、今年の冬は“インフルエンザ”が大流行中です。A香港型とB型と2つのタイプが同時流行し、他にも嘔吐、下痢症状の“ウイルス性胃腸炎”の流行も加わり三つ巴の様相を呈しています。こんな時 […]

NO.13

新年明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い致します。 今年は酉年ですが、夢と希望の卵をじっくりと暖め育てて大きくはばたかせたいと思っています。 当クリニックの夢の先がけでもある精神科デイケアーも着実 […]

NO.12

今おたふく風邪が10年ぶりに大流行しています。 おたふく風邪はその名の通り、耳の下にある耳下腺という分泌腺がムンプスウルスのいたずらで腫れてとても痛くなり「おたふく」のようなしもぶくれの顔になるのでそう呼ばれています。 […]

ホーム > 院内報

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top