Home > 病気の話

病気の話

高次脳機能障害とは

脳は血液の流れの速度、呼吸の調整、体温調節、寝たり起きたりのリズム、空腹を感じること、運動調節など様々な生命維持にかかわる機能の司令塔として重要な役割をもっています。これは人間の体を生かしている基本的な脳の機能といえます […]

ムズムズ脚症候群(レストレス・レッグズ症候群)

「夜、脚の膝から下が痒くなったり、痛くなったりする。あるいは虫が這うような不快な感じがする。」「10年程前から夜、寝床に入るとふくらはぎの辺りがムズムズし気になって寝付けない。起き上がって歩くと楽になるが、寝床に戻ると再 […]

糖尿病のインスリン注射による最新の治療

糖尿病とは、体の血液中のブドウ糖の量(血糖値)が、インスリンというすい臓から分泌されるホルモンの作用不足・分泌不足のために普通より高くなっている状態です。 尿に糖が出るのは、血糖値がおよそ170mg/dl以上と高い状態に […]

プール熱(咽頭結膜熱)とは

プール熱とは、夏季に好発するアデノウイルス感染による咽頭結膜熱とよばれる風邪のことで、幼児や学童に多く見られる。 しかし、今年は多くの府県で冬から春にかけても例年の数倍の頻度で流行しており、夏季での大流行が懸念されている […]

鳥インフルエンザについて

どのような病気か? トリもA型インフルエンザウイルスの感染を受けますが、トリのウイルスは人のインフルエンザとは異なったウイルスです。 鳥類のインフルエンザは「鳥インフルエンザ」と呼ばれ、このうちウイルスの感染を受けた鳥類 […]

マイコプラスマ肺炎

オリンピックの開催の年に合わせたように4年周期でマイコプラスマ肺炎という変わった肺炎の一種が流行してきましたが、最近では毎年のように散発的に流行を繰り返しています。 何が変わっているかというと、肺炎という言葉とは裏腹に一 […]

アトピー性皮膚炎について

◇アレルギーのマーチ アトピーとは、「奇妙な」といった意味で、家系的な要因に基ずくアレルギーで、従来の分類に入れられないものを、1923年コカという人が名ずけたもの。 その名のとおりアトピー性皮膚炎は、かなり発達した現代 […]

歯槽膿漏(歯周病)に抗カビ剤が効く?】

歯槽膿漏(歯周病)とは慢性の炎症から歯ぐきが崩れ、歯が抜ける病気で、原因としては歯の表面にくっつく最近の塊であるプラークが悪さをすると考えられていました。 そのため、このプラークを除去する長時間にもわたる歯磨きが治療の基 […]

喘息の吸入とステロイド薬

そろそろ喘息発作を起こして来院する人の数が増えてきたように思います。そう!6月から7月にかけてのうっとおしい梅雨の季節は喘息発作が起きやすい季節なのです。 喘息はのどから気管支・肺に通じる気道の粘膜が過敏になり、ほこりや […]

フロッピーインファント

英語でfloppy(フロッピー)とは「だらりとした」の意味で、infant(インファント)とは幼児のこと。 すなわち乳幼児検診などで首や腰のあたりの座りが極端に遅く、全身の筋肉の緊張が弱くなんとなくグニャグニャした感じの […]

ホーム > 病気の話

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top