Home > 病気の話

病気の話

育児の話【父性・父権について】

不登校の子供達を心理外来で診る時、よく原因の一つに父権の無さや弱さが取り上げられます。 ここ数年の青少年のびっくりするような凶悪犯罪を語る時も、決まって子供に対して奴隷のようにそしてびくびくしながら暮らしている母や祖母の […]

お腹の風邪

冬になって冷え込んでくると、お腹をこわす風邪がかなりはやってきます。何の前触れもなく突然吐き気に襲われ、その後何度も吐き続けることから始まることが多いのがこの風邪の特徴です。 そしておへそを中心に胃の周辺がかなり痛くなり […]

結核

今年、厚生省は「結核緊急事態宣言」なるものを発表しました。 結核はかつて「国民病」とまで言われた時代がありましたが、生活水準の向上や医学・医療の進歩によって克服されたかのように思われていました。しかし決して「過去の病気」 […]

脳ドック体験記

「脳ドック」って知ってますか?そう、人間ドックの中の頭(脳みそ版)とでも言うのでしょうか。 かく言う私も医者の不養生の汚名挽回とばかりについ先頃体験してきました。 それというのも最近、私の身辺で何人かの方が検査を受けられ […]

多動児(落ち着きのない子)について

注意の持続・集中が困難で、落ち着かず、動きの多い子供に対し、WHOは「多動性障害」との診断名を提案している。このような子供は取り扱いの難しいことで早くから注目され「注意欠陥障害」「注意欠陥多動性障害」などいくつかの診断名 […]

日射病・熱射病

夏の炎天下、オリンピック、高校野球とスポーツが盛んに行われていますね。 そこで気を付けなければならないのは、日射病・熱射病です。特にこれと言ってスポーツをしていなくても、帽子もかぶらず水分補給もしないでギラギラする太陽の […]

てんかんと水泳

夏が近づくとよくてんかん児の水泳の許可について親や先生からどうしたらよいかと聞かれることがあります。 その理由としては、学校の体育教育の一環として行われる場合、もし事故でも起これば学校側の管理責任問題となる可能性があるか […]

手の甲刺激(ペインシフト)

手の甲刺激は、手の甲及び甲側のポイント(点)やゾーン(区域)を刺激することによって、様々な体の痛みや不快症状を消す療法です。 ■五十肩 1)腕が上げられないタイプ ポイントAを使います。ポイントAは、手の甲側の親指の第一 […]

ホーム > 病気の話

南川げんきクリニック
お知らせ
診療案内
院内報
子供の病気

精神科デイケア/ナイトケア
精神科グループホーム 病理保育所げんきキッズ
障害児リハビリ

Return to page top